合法な税金 対策をしましょう。

税金 対策.com > 個人事業主・サラリーマンへの課税の今後の傾向 > 高度で膨大な税制の知識が必要になるかも

個人事業主・サラリーマンへの課税の今後の傾向

高度で膨大な税制の知識が必要になるかも

もし仮に給与所得控除が廃止されるといったいどうなるのだろう?サラリーマンの経費というものがまったく存在しないという理由で廃止になるのならともかく、そうでないなら自分で必要経費を計算して申告する、なんていう時代がやって来るかもしれない。そうした時にどうしても必要になってくるのが税に関する知識である。今まではすべて会社がやってくれていた事務作業を自ら行おうとすれば、それこそ実務に即した膨大な知識が必要になってくるが、これは一朝一夕には身につくものではない。いきなり確定申告を自分でしなさいと言われれば誰だってパニックに陥るはず。それなりの準備期間をもって取り組むためにはなるべく早くから税の知識に触れておくに越したことはない。

 実際、時代の流れを見ていると電子申告導入の動きなど自分で所得税の申告をする方向に向かっている。そもそも所得税には「申告納税制度」というものが原則としてあって納税者が自分で納税額を申告するのが本来の姿なのだ。そういう意味では会社が行っている源泉徴収・年末調整は本当は例外措置ということになるのだ。だから本来の姿にいつ戻ってもいいように今から準備をしておくに越したことはない。

三井住友海上などで講演しているプロが教える節税方法

1.gif

btn.gif