合法な税金 対策をしましょう。

税金 対策.com > 税制の基礎知識 > 税金の歴史

税制の基礎知識

税金の歴史

日本で最初の税金制度は701年の大宝律令によって導入された租庸調と言われている。戦国時代の終わりには豊臣秀吉が太閤検地を行い、全国の田畑の面積、収穫量を正確に測ることにより石高制が完成し統一的な年貢の徴収が可能となった。これを受け継いだ徳川幕府も年貢米を中心とした物納による納税方法であった。

明治になると近代的な税制を施行する必要に迫られ、現在のような現金による納税という考え方が導入された。明治20年には初めて所得税による税の徴収が行われたが当時の税収に占める割合は0.8%に過ぎなかった。戦後、GHQの主導によりシャープ税制が敷かれることになり、青色申告制度など現在の税制の基礎となる部分が作り上げられた。

三井住友海上などで講演しているプロが教える節税方法

1.gif

btn.gif