税金 対策.com > 税制の基礎知識 > 確定申告とは

税制の基礎知識

確定申告とは

所得税は個人の所得に対してかかる税金で、自分の年収から経費・各種控除を差し引いて所得を計算し、その所得の多さによって段階的に課税する割合を引き上げるいわゆる累進課税方式によって算出される。その年収、経費・各種控除などを確定申告用紙の様式にしたがって記入し税務署に報告・提出し、納めるべき税額を申告することを確定申告と言う。本来は誰であれ、このようにして自ら納税額を申告する「納税申告制度」というのが大前提としてあるのだが、税務署も納税者一人一人に対応するのは現実的にはとても無理なので実務上、サラリーマンの場合は雇用者がこの事務を肩代わりしている。サラリーマンが確定申告しなくてよいのはこうした事情があるからであり、給料から天引きされているので納税している実感が薄いかもしれないが、個人事業者と同じように経費にあたる部分も「給与所得控除」という収入に応じて決められた一定の金額が年収から差し引かれることによって所得額を決定されている。ちなみに住民税の納税額もこの確定申告によって算出される。


 確定申告の時期

毎年2月中旬〜3月中旬までの期間(今年は2/16〜3/15)に最寄りの税務署で確定申告を受け付けている。申告は実際に出向いていかなくても郵送でも受け付けているが完璧に書き上げるのは最初は難しいと思うので、実際に税務署に行ってアドバイスを受けながら申告書を書いて提出するのがよいだろう。ただし時間の短縮になるので経費の内訳、小計くらいはしてから行きましょう。

三井住友海上などで講演しているプロが教える節税方法

1.gif

btn.gif