税金 対策.com > こんなにある?税に関する勘違い > 医療費控除に関する勘違い

こんなにある?税に関する勘違い

医療費控除に関する勘違い

医療費控除は各種控除の中でも比較的、よく知られている控除ではないでしょうか。しかしよく知られているだけに誤解したままになっていることも。

よく「医療費が10万円以上かかってないと控除は受けられない」ということが言われますが、そんなことはありません。理論上は9万円でも総所得が少なければ控除の対象になることがあります。

医療費控除額は一般的に以下の式で求められます。

実際に支払った医療費の合計額−保険金から補てんされる金額−10万円

よく10万円という金額が言われるのは医療費が10万円以下だと上記の式でマイナスになってしまい成立しないということです。

さて、では9万円でも受けられる場合というのはどういう場合でしょう。実はその年の総所得額が200万円以下の人はその所得金額に5%をかけた金額を医療費控除額としてもいいよ、という特別条項があります。200万円以下とはかなり安く現実的ではない感じがしますが、これは「所得」ですので給与所得控除を差し引く前の「給与収入」ベースですと311万円あたりがボーダーラインになります。年収300万円時代と言われる昨今です。俺の給料はそんなに安くないよという前に5%が適用されるかどうか調べてみたらいかがでしょうか。当てはまる人もけっこういるのでは?
医療費控除は年末調整では控除できないので自分で確定申告する必要があります。何度も言っていますが自ら申告した税金だけが戻ってきますので。

三井住友海上などで講演しているプロが教える節税方法

1.gif

btn.gif