合法な税金 対策をしましょう。

税金 対策.com > 今さら人に訊けない(?)用語集 > 配偶者控除と配偶者特別控除の違いって?

今さら人に訊けない(?)用語集

配偶者控除と配偶者特別控除の違いって?

納税者本人に配偶者(結婚相手)がいることによって控除されるというのはどちらも共通です。大雑把に言うと、配偶者の所得合計額が38万円までの場合は配偶者控除が、38万円を超えて76万円までの場合は配偶者特別控除が適用されます。ただし、納税者本人の所得が1000万円を超える場合は配偶者特別控除は適用されません。

控除額は、配偶者控除が38万円、配偶者特別控除はこの38万円をピークに配偶者の所得額が76万円まで段階的に金額が減少していきます。

配偶者特別控除の控除額表

配偶者の合計所得金額:38万円を超え40万円未満 → 控除の額:38万円
配偶者の合計所得金額:40万円以上45万円未満 → 控除の額:36万円
配偶者の合計所得金額:45万円以上50万円未満 → 控除の額:31万円
配偶者の合計所得金額:50万円以上55万円未満 → 控除の額:26万円
配偶者の合計所得金額:55万円以上60万円未満 → 控除の額:21万円
配偶者の合計所得金額:60万円以上65万円未満 → 控除の額:16万円
配偶者の合計所得金額:65万円以上70万円未満 → 控除の額:11万円
配偶者の合計所得金額:70万円以上75万円未満 → 控除の額:6万円
配偶者の合計所得金額:75万円以上76万円未満 → 控除の額:3万円
配偶者の合計所得金額:76万円以上 → 控除の額:0円

三井住友海上などで講演しているプロが教える節税方法

1.gif

btn.gif