合法な税金 対策をしましょう。

税金 対策.com > 今さら人に訊けない(?)用語集 > 青色申告と白色申告の違いって

今さら人に訊けない(?)用語集

青色申告と白色申告の違いって

通常、従業員への給与は当然必要経費となるわけですが、個人事業主などが妻や親族に払う給与は基本的には必要経費として認められていません。認めてもらうためには税務署に一定の届出をしなければなりませんが、その届出に青色と白色の二種類がありますよ、ということです。
  
  では具体的に青色と白色の違いについて見てみましょう。まず基本的には青色申告の方が断然、優遇されています。専従者給与(妻や親族など家族従業員への給与)を必要経費とする場合、白色は配偶者で86万円、その他の親族では50万円までしか認められていません。しかし青色の場合は事前に申し出て承認された金額の範囲内であればよほど不合理な金額でない限り全額認められます。また「青色申告特別控除」といって所得金額の計算の際に最高65万円の控除が受けられますが、白色の場合は当然、これもなしです。その他、以下のような青色申告のみが受けられる様々な恩恵があります。

・赤字の繰越・繰戻ができる
・家事関連経費の繰り入れができる
・棚卸の資産評価で低価法を選択できる
・通常の減価償却に加えて特別償却、割増償却ができる
・引当金、準備金が経費として認められる
・税務調査の更正理由の付記を求めることができる

これは青色申告の場合、正式な帳簿のつけ方に則って記帳し、それを保存する義務があるなど比較的、厳格な運用が求められているからです。キチンと記帳さえしてもらえれば、それと引き換えに優遇してあげましょう、という感じですね。やはり税務署としてはより正確な収入の把握に務めたいということがあるのでしょうか。なお、青色も白色も事業専従者ということになりますので配偶者控除や扶養控除は受けられません。

三井住友海上などで講演しているプロが教える節税方法

1.gif

btn.gif