税金 対策.com > 税に関するQ&A > 個人事業者VSサラリーマン、どっちがお得?

税に関するQ&A

個人事業者VSサラリーマン、どっちがお得?

個人事業者とサラリーマン、どっちが税制の面から得なんでしょう?よく言われるのがサラリーマンは個人事業者に色々と認められている経費が認められていない、収入が完全に補足されていてガラス張りなので不利だというものです。

これらの議論はどちらが得かというよりは、どちらが損かという話です。サラリーマンはしっかり税金を取られるのに個人事業者は抜け道が色々とあるので本来、取られるべき税金も取られていないという不公平感ですね。ただ、本当にサラリーマンは言われるほど不利なのでしょうか?

まず個人事業者と比べてサラリーマンが得をしていることに確定申告をせずに済んでいる、ということがあります。実際にしてみないと分からないかもしれませんが、この事務にかかる経費・労力も実はバカにならないものがあるのです。サラリーマンの場合はこの事務作業を会社が源泉徴収と年末調整によってやってくれているわけですから、これはやはりお得と考えなければいけません。

それからサラリーマンには認められていないと思われている経費ですが、給与所得控除(詳細はリンク)というものが所得に応じて自動的に差し引かれています。年間の所得が500万円であれば154万円にもなります。実際は、各種経費は会社持ちのことが多いですから、そのことを考えるとこの金額はかなり多いなという感じがします。

さて、ここまで見てくるとサラリーマンは思ったよりは不利ではないという感じですが、一方で、個人事業者の場合はやはり所得を十分に補足するのは難しいというのも事実です。不公平な実態もあるのかもしれません。ただ、個人的にはそのことを気にしても仕方がないのではないかと思います。いくら気にしたってそれでサラリーマンの方の税金が安くなるわけではないのですから。それよりも申告していない控除などをしっかりチェックすることによって還付されるべき税金を漏らさずしっかりと還付してもらうことを心がけた方がよほどいいと思います。まずは申告していない控除がないかしっかりと把握し申告すること。これに尽きると思います。

三井住友海上などで講演しているプロが教える節税方法

1.gif

btn.gif