合法な税金 対策をしましょう。

税金 対策.com > 知らないと絶対損をする。節税の基礎知識 > 副業は会社にバレない?

知らないと絶対損をする。節税の基礎知識

副業は会社にバレない?

会社からの給料だけじゃやっていけない。アルバイトをしたいんだけど就業規則じゃ禁止されている。こっそりやっていても税金の関係でバレちゃうって聞いたことがあるんだけど・・・。

そうですね。住民税の関係で会社にバレる可能性があります。なぜか。会社から各市町村に「給与支払い報告書」という物が毎年送られているから。この書類には全従業員の給与が書いてあって来年はいくら源泉徴収すればいいんでしょうか、というお伺いの書類も含まれている。これに対する回答が各市町村からあるわけですが、このときに会社の給与計算の担当者が他の社員と支払っている給与の金額が同じなのに住民税の源泉徴収額だけが違っていることに気づいたら「なんで?」ということになります。このあたりからバレる可能性があるわけです。各市町村には本業と副業の両方の企業から給与支払い報告書が届くわけだから各市町村はこれを合算して計算して会社に伝えるわけ。だから本業の会社の経理の人が見たら送った金額と違うことに気づく可能性があります。

まあ、ひとつのやり方としては住民税の納め方を「普通徴収」にしておくという手があります。普通に行われている給料からの天引きですが、こちらは「特別徴収」という扱いになっています。これを「普通徴収」ということにして自分で確定申告をするようにすれば会社は住民税の納付などにはノータッチになりますのでバレる可能性はほぼなくなります。しかし、なんで「普通徴収」にするのか、そもそもその点を疑われると思いますので何か良い言い訳を考えなければいけないかもしれないですね。そこが一番のネックかも?

三井住友海上などで講演しているプロが教える節税方法

1.gif

btn.gif